一人だけではなく、みんなで

自分では難しいと思えるようなことであっても、多くの人と行ってみれば、その目標が達成しやすく感じるということがあります。それは、いろいろな目標を達成する際に重要なことであり、車の免許を取得する際にも、同じことかもしれません。

基本的に、自動車学校における授業の進度は、個人によって差が生じます。これはしょうが無いことですが、友人などと共に切磋琢磨して合格を目指すことによって、より『短い期間で』、『確実に』合格を目指すことができるかもしれません。というのも、人によって免許取得に掛けられる時間が異なっているでしょう。

特に学校や仕事と両立させている方は、できるだけ短い期間で自動車免許を取得したいと考えておられることかと思います。そういった方の中で、もし一定期間まとまった休みが取られる方が入れば、合宿免許を選択するという方法もあるかもしれません。合宿免許であれば、同じ環境で同じ目標の仲間と勉強をしたり、息抜きに観光したりも出来ます。

自動車というツールが普及してから、多くの年月が経ちました。これからも自動車とそれを取り巻く環境は進化していくことでしょう。もはや私達に取っては欠かすことのできないインフレとなった自動車という乗り物を、これからもより良い形で活用していくために、まだの方は、自動車免許の取得を考えてみられてはいかがでしょうか。

確実に合格するためには?

確実に合格するためには、自分が授業や学習で取り入れた知識や運転の訓練で習得した技能を確実なものとする必要があります。確実なものとする、というのは、ブレがなく、どのような出題形式で出されても答えられるような能力、そして実技試験においても、きちんと交通法規を理解した運転ができること、これが求められます。

大まかに試験は筆記試験と実技試験に分けることが出来ますが、仮免許試験は両方、最終試験では筆記試験のみとなります。多いのが、この『仮免許試験』に通らない、と言う事例です。なぜならそこでは実際の道路を走行して、仮免許試験に合格しなければならないからです。このためには、単に交通法規を知っていること、そして車の乗り方を知っている、と言うだけでは合格することは出来ません。知っているだけでなく、それを実践する必要があるのです。

確実に合格するためには、まずその実技試験において確実に合格する技能を得ること、そして筆記試験において、様々な形式で問われる基本的な交通法規に関して、確実に応えることができるような準備をしておくことです。そのためには、授業だけでなく自主的に学習を行い、出題形式に慣れていく、ということが必要になります。

免許取得-難しい?それとも

難しいことだからこそ、挑戦したくなる、と思う方は少なくないでしょう。確かに目標が高ければ高いほど、挑戦しがいがある、と感じる方もおられるはずです。といっても、車の免許試験は、そこまでハードルが高いものではありません。高校や大学の試験に比べれば、レベル的には簡単である、と言えます。

しかし、もしそうであれば『勉強しなくても』試験に合格するのではないでしょうか。そもそも、私達は運転していなくとも、信号は赤で停止する、青で発信する、といった基本的なことを抑えているのだから、そう難しいことはないのではないか、と思われるでしょうか。どれだけレベルが高くない問題であっても、いわゆる『ひっかけ問題』が多いのが、自動車免許試験の特徴となります。全体的に、本当に交通法規そのものを理解しているか(記憶しているか)ということが、様々な形式で試されるのです。

これは、何度も問題を繰り返し解いていないと、出題の傾向が分からないものまであります。ということは、「勉強しないで」通用するものではありません。通常の授業に加え、自己学習が欠かせない、ということが分かります。記憶は、反復すれば反復するほど定着しやすくなりますが、どのような効率的な方法があるのでしょうか。