確実に合格するためには?

確実に合格するためには、自分が授業や学習で取り入れた知識や運転の訓練で習得した技能を確実なものとする必要があります。確実なものとする、というのは、ブレがなく、どのような出題形式で出されても答えられるような能力、そして実技試験においても、きちんと交通法規を理解した運転ができること、これが求められます。

大まかに試験は筆記試験と実技試験に分けることが出来ますが、仮免許試験は両方、最終試験では筆記試験のみとなります。多いのが、この『仮免許試験』に通らない、と言う事例です。なぜならそこでは実際の道路を走行して、仮免許試験に合格しなければならないからです。このためには、単に交通法規を知っていること、そして車の乗り方を知っている、と言うだけでは合格することは出来ません。知っているだけでなく、それを実践する必要があるのです。

確実に合格するためには、まずその実技試験において確実に合格する技能を得ること、そして筆記試験において、様々な形式で問われる基本的な交通法規に関して、確実に応えることができるような準備をしておくことです。そのためには、授業だけでなく自主的に学習を行い、出題形式に慣れていく、ということが必要になります。